八重歯・出っ歯・前歯の矯正

八重歯の矯正

一昔前ほどではありませんが、TVの可愛いアイドル達にもよく見かける“八重歯”、海外では「ドラキュラの歯」等と嫌われていますが、日本では以前から可愛いらしさの象徴のように言われたりしています。
しかし、歯が重なったり飛び出したりしていると、会話時に唇が引っかかったり、スポーツ時に唇が切れたりする原因になります。清掃が行き届かずむし歯や歯周病にもなり易いです。時々「八重歯が生えて来たので抜いてもらった。」と伺うこともありますが、歯を抜いたままにすると、中途半端な隙間が出来たり、歯の正中線が左右どちらかにずれてしまったりします。
実は歯科では犬歯の咬み合わせを“咬み合わせの鍵”と呼ぶほど、機能上大切に扱われているのですが、抜歯するなんてもったいないことだと思います。
矯正治療をする場合、犬歯はほとんど抜歯することはありません。どうしても抜歯が必要な場合は代わりに隣の小臼歯を抜歯して、そこに犬歯を移動させたりします。抜いた隙間も残しませんし、お顔の真中に前歯の真中を合わせてすっきり見えるようにします。お口全体の機能、そしてお顔全体、身体全体のバランスを考えながら咬み合わせを作っていきます。

治療前の様子

八重歯の矯正
八重歯の矯正八重歯の矯正八重歯の矯正
八重歯の矯正八重歯の矯正
八重歯の矯正

治療後の様子

八重歯の矯正
八重歯の矯正八重歯の矯正八重歯の矯正
八重歯の矯正八重歯の矯正
八重歯の矯正

出っ歯の矯正

程度は色々ですが、“出っ歯”ですと、口元が出て横顔がすっきりしていない事が多いです。前歯が出ているので唇がめくれて厚くなったり、唇が荒れやすくなったりもします。口呼吸にもなり易く、前歯や唇が乾燥してむし歯や歯肉炎、歯周病が悪化したり、歯の色が悪くなったりもします。健康を保つために“鼻呼吸”は必要不可欠なものですが、出っ歯の方はこれが出来ていないことが多いので、姿勢や体調が悪い方も多い様です。

本来、出っ歯の治療は下顎が成長する時期:すなわち身長が伸びて下顎が前に出易い時期が最良ですが、大人の場合成長は無いので、出来るだけ上の前歯を十分に後退するようにします。骨格に問題がある方は、矯正+手術によって治す場合も有ります。

前歯の矯正

前歯は会話時に必ず見えてしまうので、気になるところですね。「手っ取り早くココだけ治したい!」と思われる方も多いと思います。
よく聞かれる"プチ矯正“"クイック矯正”という言葉は魅力的ですが、前歯を削ったりかぶせたりして時間短縮している事も多いので、本当の意味での矯正治療では無い様です。
固い骨の中に生えている歯を一本一本動かすのですから、実際に矯正される方は、本格的な矯正治療が2~3年必要になる方が一番多いのが実情です。

しかし多少の重なりやねじれ、隙間がある等の症状でしたら、“部分的な矯正治療”として早い治療、安価な治療が可能かもしれません。
一度矯正したが気になるところが出て来た・・といった場合も対応可能です。
装置も目立たないものが増えて来ていますので、ご希望に添えると良いな、と思います。
結婚式のために・・といった場合は特に、出来るだけ早目に開始されることをお勧め致します。

たけお矯正歯科 たけお矯正歯科Facebook スタッフブログ
TEL:0982-21-5171
otonakyousei.jp)