インプラントを使った矯正

インプラントを使った矯正

一般歯科でのインプラントは、歯を失った箇所に人工歯根として植立するチタン製のネジの様なものです。その上に人工の歯を作って噛める様にする技術が発達して来ています。インプラントとその周りの骨がからまって一体化することで、自分の歯のような感覚で食べ物を噛めるようなります。

歯列矯正ではこのインプラントを“歯を動かす為の支え”として利用します。歯と歯の間や口蓋等に植立して使いますが、必要無くなると簡単に取りずしが出来るのが一般歯科のインプラントと異なる点でしょう。

矯正専用インプラントはとても小さく、一見ピアスの様に見えますが、歯を動かすことが出来るぐらい大きな力を持っています。その為、以前は外科手術でしか対応できなかった症状も矯正だけで治療をできるぐらい治療の幅が広がりました。インプラントが安定し易い成人では、よりスムーズな歯の移動や治療期間短縮のため、大変有効な方法です。

たけお矯正歯科 たけお矯正歯科Facebook スタッフブログ
TEL:0982-21-5171
otonakyousei.jp)